この記事は約 2 分で読めます

寺田本家の発芽玄米酒「むすひ」は口コミで良く百薬の長となるお酒と言われてますが、実際に寺田本家の酒蔵ツアーに行った人のお話を読んで見ると、お酒が飲めない人でも飲めると絶賛されてました。

 

 

むすひは酔うためのお酒じゃない

 

実はむすひは酔うためのお酒じゃないんですねー
体の為に飲むお酒「酒は百薬の長」と言われた昔ながらの作り方で作ってるんですよね。

 

そう言えば、むすひを飲んだ時、ちょっとした発酵臭と酸っぱさで「あ、コレ、酒というより、なつかしい味」と感じたのを思い出しました。

 

寺田本家 むすひ

 

いかにも腸内細菌が喜びそうです。腸内細菌が喜ぶ成分が入っているお酒がいわゆる「百薬の長」なんでしょう。

 

むすひはどんな味?

 

寺田本家 むすひは発芽玄米酒で、味は甘さを抑えた甘酒っぽい味です。

 

このむすひのお酒は栓を開けるときに注意して下さい。

普通に開けちゃうと、シャンパンみたいに泡がドバーッとでてしまいます。実はわたし失敗しました(汗)

 

上手な開け方というか、開けていた人が動画をアップしていたので、使わせて頂きます。

 

こんな感じで上手に開けて下さいねーー(笑)

 

ちっちゃいグラスに入れてみました。

 

寺田本家 むすひを小さいグラスに入れてみた

 

味が独特なので、人によって好き嫌いは絶対あると思います。

わたしは美味しかったです♪Amazonのレビューにもあるとおり、不思議な味です。

 

このむすひの味ですが、最初と数日後には味が違います。発酵度合いが変わるからなんでしょうね。

 

毎回違った味を楽しめるのも良いですね。お腹の調子がよくなったって方も多いようですよ。

お試しあれ
>>寺田本家 むすひ

 

生命力あふれる生きてるお酒

 

23代目当主の寺田啓佐さんも発酵道という本に、無農薬のお米と綺麗な水・蔵に住む自然な菌がつくるお酒は生命力あふれる生きてるお酒になると表現されてました。

 

▼今もamazonでベストセラー1位の本

まさに人の原点に返る事が出来るお酒。体と心をリセットしたいと思ってる人向けのお酒だと思います。

 

寺田本家さんでは、お酒フェスタにも参加されているそうですよ。
わたしもいつか、「酒蔵ツアー」とか「お蔵フェスタ」とかいってみたいなぁー

 

 

来年もやってるのかな゙゙(^ー^)゙