この記事は約 3 分で読めます

今話題になっているMGO値の高いマヌカハニーピロリ菌をやっつける効果があるというニュースを見て、思わず買ってしまいました(^-^;) (風邪予防に舐めてる人も多い)

 

マヌカハニーとは、マヌカという植物の花から取れたはちみつの事。抗菌活性度の高いマヌカの生の蜂蜜や精製された油は、貴重なものなので高い!

 

 

マヌカハニーは奇跡のはちみつ!天然の薬!

 

「奇跡のはちみつ!天然の薬!」とも言われてて、丁度、わたしの喉の調子が悪い時だったので、奮発してMGO値の高いものを取り寄せました♪
※マヌカハニーのMGOとUMFの違いは下に少し追記でまとめてみました。

 

 

私が購入したものはニュージーランド北部で海外養蜂歴40年以上の日本人養蜂専門職の方が作られたストロングマヌカハニーと呼ばれる天然完熟マヌカ生はちみつです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
医師も驚く!! 天然活性物質MGOマヌカハニーは健康の源です。
養蜂40年以上のプロがニュージーランドで永住権を取得、日本人の繊細さで
他にはない極めて高い活性力のあるMGOマヌカハニー39+の採取に成功!!

 

▼本場ニュージーランドで日本人が作ったものなら安心♪


MGO860+ 活性強度31+のマヌカハニー

 

マヌカハニーの活性強度

 

通販サイト見ると、金額も数値もバラバラですがMGO860+はかなり高い値段ついてました。お薬だと思って思いきって買いました!
※数値が高ければ高いほど抗菌力が高くなるので高いのを・・・((((((^_^;)  

 

味は、濃厚なはちみつ・・・粘度が高いのでサラサラって感じではありません。
スプーンで半分、寝る前に少しすくって舐めています。
喉の痛みがかなり軽減された感じがするので、自分的には買って良かった~♪少量づつ舐めてるので、結構日持ちしそうでず゙(^ー^)

 

まさに常備薬って感じですねー 口内炎が出来た時は口の中にしばらく置いてゆっくり溶かしました。あまりたくさん舐めるとお腹が痛くなっちゃう人もいるらしいので、舐めすぎ注意。

 

ヨーグルトとの相性がいいみたいですよーヽ(〃▽〃)ノ

 

 

【追記】マヌカハニーのMGOとUMFの違い

 

マヌカハニーのMGOとUMFの違いは表記の違いだけです。

 

・MGO(食物メチルグリオキサール)とは、マヌカハニーにだけ存在する成分でMGO100+以上のものが抗菌・殺菌効果が期待出来るそうです。
1kgあたりに含まれる殺菌成分の含有量を数値化

 

・UMF(ユニーク・マヌカ・ファクター)も抗菌作用を表す表記
こっちはニュージーランドのマヌカハニー協会(AMHA)にて採用された数値
フェノール溶液○○%と同等の殺菌濃度を数値化したもの

 

上のMGOはグラム当たりで表現、下のUMFは○○と比べてという形で表現
普通はMGOで書いてる方が分かり易いので、MGOを基準に選んだ方が良いみたい♪

 

↓こちらはジャラハニーのレビュー記事です